***2,016年12月16日~12月31日***

          <2,016年12月26日(月)>

 年末の三連休も、全国各地から遠路はるばるご来店下さって予想外の賑わいを見せ、ピッツァやパスタのオーダーが多かったため、レコードのリクエストの対応に追われながら、かつて20年前の若かりし頃を思い出しながら、奮起したおかげで、なんのトラブルも無く平穏無事に過ごせることが出来て本当に良かった。 安堵の胸を撫で下ろし、これも妻のヘルプがあったればこそと感謝している。

 地元三重のジャズ・フアンの方々よりも、むしろ超遠距離の全国各地から、遠路はるばるこの伊勢志摩の果てまでお越し下さった方達が多く、特に首都圏のジャズ・フアンの方達の顔ぶれが非常に多く目立ったのが昨年とは随分違った客層の変化に驚き、全国規模で「SWING」の知名度が高まりつつあることは一目瞭然であり、如何にレコードを愛する全国のジャズ・フアンの皆さんが、行き場を無くし、心安らぎ、心底楽しめ、レコードの醍醐味を余すことなく満喫出来るジャズ喫茶が我が日本には少ないかが、伺い知れる。    今年の「SWING」の年末三連休の激変振りには驚きもし、体力の衰えもいささか実感させられる思いもしたが、何しろ早朝から深夜遅くまでの働き振りは、完全に労働基準法違反でもあり、この歳でこれだけの仕事をこなしている同年輩の人は、恐らく先ずいないだろうと自負している。  

 これと言うのも総てジャズからパワーを頂戴しているからにほかならない。 本当にジャズは偉大な奴だ!  83歳のこの歳で未だ現役の第一線でバリバリ働いているのだからね、我ながら驚きもするが、如何にジャズから無限の恩恵を頂戴しているかが、しみじみと解かり、ジャズに感謝しない日は全く無い。

 多くの皆さんに是非共ジャズを素晴らしさをお勧めしたい。  元気で長生きしたい、健康寿命を延ばしたいと願う人ならば、ジャズを聴きなさいと、声を大にして叫びたい!

 

 全国何処の地に行っても、ジャズ・ライブを楽しめるお店が沢山有るから、ライブ・フアンに取っては、まさに天国とも言える時代だが、ジャズ・レコード文化を愛して止まない皆さん方に取っては、レコードの真の醍醐味を満喫出来るジャズ喫茶が皆無状態だから、レコード・フアンの皆さんに取っては、悲くも哀れな恵まれない時代と言える。

 度田舎のライブの出来ない弱小ジャズ喫茶「SWING」でさえ、全力でレコード鑑賞文化を支え続けているのだから、大都会のジャズ喫茶の皆さんは、恵まれている筈だから、可能な限り奮起して、ジャズ・シーンの更なる充実発展の為、そして、底辺拡充のために精力を注いで下さることを期待して止まない